| 借鉴/启示/前瞻/趋势 | 演讲全文 | 著名签名档 | 思考平台 | 全排行榜 | 求同存异 | 现象/性质/特征/效应 | 名言名句 | 打破惯例/改变认识/观念更新 |
您当前的位置:首页 > 启迪思维 > 全排行榜

世界工作时间排名

时间:2011-05-26 13:07:56  来源:  作者:

工作时间

 日本人は職場での労働や家事労働に1日平均9時間を費やし、世界で2番目に労働時間が長いことが、経済協力開発機構(OECD)がまとめた統計で分かった。

 

日本人每天花费在职场的工作和家务劳动时间平均9小时,在世界上工作时间长的国家中位居第二。这是经济合作开发机构(OECD)归纳统计得出的。

統計ではOECD加盟29カ国について、有給の労働と家事などの無給労働に費やす1日当たりの平均時間を調べた。その結果、両方を合わせた労働時間が最も長かったのはメキシコの594分間(9.9時間)、最も短かったのはベルギーの427分間(7.1時間)だった。

统计中调查了加盟OECD的29个国家,在带薪工作和家务等无偿劳动每天平均花费的时间。结果表明,两者合计的劳动时间最长的是墨西哥,为594分(9.9小时);最短的是比利时,为427分(7.1小时)。

主要国を見ると、中国は8.4時間、米国8.3時間、オーストラリア8時間、英国7.8時間、フランス7.5時間、ドイツ7.4時間などとなっている。

主要的国家数据为:中国8.4小时、美国8.3小时、澳大利亚8小时、英国7.8小时、法国7.5小时、德国7.4小时。

日本は有給の労働のみに限ると6.3時間で最長となった。最短はデンマークの3.75時間だった。

仅限于带薪工作时间的话,日本最长,为6.3小时;丹麦最短,为3.75小时。

一方、無給労働の時間では最長がメキシコの4.2時間、最短は韓国の1.3時間となっている。

另外,无偿劳动的时间中,墨西哥最长,为4.2小时;韩国最短,为1.3小时。

全体の平均は、有給労働時間が277分間(4.6時間)、無給労働時間は207分間(3.45時間)だった。無給労働のうち買い物にかける時間が最も長かったのはフランスの32分、最短は韓国の13分だった。

总体平均,带薪工作时间277分(4.6小时);无偿劳动时间207分(3.45小时)。无偿劳动中,购物所花的时间最长的国家是法国,为32分;最短为韩国的13分。

 

来顶一下
返回首页
返回首页
发表评论 共有条评论
用户名: 密码:
验证码: 匿名发表
推荐资讯
相关文章
栏目更新
栏目热门